屋上を利用して環境対策!屋上緑化の効果や注意点

屋上緑化にはどのような効果があるか

屋上緑化は温暖化やヒートアイランド現象への対策として、植物の蒸散機能による冷却や断熱性の向上を期待される方法です。環境面以外でも、防音性の向上や大気汚染対策としても利用されます。

屋上緑化の注意するべき点

屋上緑化を行う場合、注意するべき点がいくつかあります。一つは、植物の根っこです。植物の力は侮れないもので、コンクリートにさえ食い込んでしまうこともあります。対策をせずに放置した場合、伸びすぎた根っこは建物を傷つけ、雨漏りなどの不都合が起こり得ます。防止するためには、土壌と建物の間に防根シートを入れるなどの対策が必要です。

注意するべき点の二つ目は、重量です。植物の生育環境確保のためには土やその代わりになるもの、水が必要になります。それらに加えて植物の重さが、建物にかかる負荷となるのです。それだけでなく、手入れのための機材や出入りする人の重さや動きも考慮しなければいけません。建物の構造上、どこまでが許される荷重なのか、確認が必要です。

どのように植物を選べばよいか

屋上緑化に利用する植物は、機能性や見映えのよさのほか、重量や手入れの手間などについても、考慮する必要があります。簡単に緑化できるのは、芝やつる植物です。芝はそれ単体でも、ほかの植物と組み合わせることもできます。つる植物はネットや支柱に絡ませて、水平に設置すれば簡単に屋上を覆うことができます。その他にも色々な植物がありますが、選択する際には条件を洗い出し、どの植物が適しているのかよく考えましょう。

屋上緑化は、近年大都市の温暖化で問題となっているヒートアイアンドを解決する手段として注目を集めています。