環境に配慮する!壁面緑化のメリットとは?

壁を外的要因から守ってくれる

壁面緑化を施している企業や家庭が増えてきている昨今、実際に壁面緑化を取り入れることによって享受出来るメリットとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

まずは、壁を外的要因から守ってくれるということが挙げられます。壁がむき出しですと、雨風や紫外線にさらされることによって、段々と劣化していきます。いくら良い素材を使っていたとしても、段々と古びていくのを避けることは出来ません。しかし、壁を緑で覆いますと、劣化を遅くすることが出来るのです。天然の緑の絨毯で壁を覆っている状態ですので、壁と外の間にワンクッション置くことになるのです。

また、外気から建物を守ってくれますので、エアコンの効きも良くなりエコな状態を保つことが出来ます。中々部屋の中が涼しくならないという状態から抜け出すことが可能になるのです。

空気中の酸素を増やしてくれる

壁面緑化の良いところは、他にもあります。例えば、空気中の酸素を増やしてくれるという役割です。緑の植物というのは、太陽の光を浴びることにより、二酸化炭素を吸収して酸素を吐きだしてくれます。これが植物による光合成という活動です。

都会などでは緑が乏しく、どうしても二酸化炭素の割合が増えてしまいがちになります。そうすると大気が温まり、温暖化を増長させてしまうことになります。しかし、壁面緑化を施すことによって、酸素の割合が段々と増えていきますので、空気の汚れを浄化しながら温暖化を防ぐことにつながるのです。

壁面緑化はビルや住宅の壁に施すことで建物の温度上昇を抑制することができ、見た目も綺麗なので最近取り入れられている手法です。