ペットを買う際にはここをチェック!信頼できるペットショップの見分け方

販売可能時期を確認しておこう

大切な家族として何年間も一緒に暮らすことになるペット。購入したらそこで終わりというわけではないため、責任を持って子犬や子猫の販売を行っているペットショップを選ばなくてはなりません。

信頼できるペットショップか否かを見分けるポイントはいくつかあります。そのうちの一つが販売時期です。健全な育成のためには一定期間親兄弟と一緒に過ごすことが望ましいとされています。法改正により、生後四十九日に満たない子犬や子猫の引き渡しは禁じられるようになりました。これを守っていないペットショップからの購入はおすすめできません。

いつの時点でお店に来たかも重要です。法律上は問題がなくとも、早くから親兄弟と引き離された子はストレスに弱かったりする場合もあります。ペットの体調管理に配慮しているお店であればその辺りも考慮している筈ですから、店員さんに聞いてみるようにしましょう。

定期的な健康診断とワクチン接種の有無

月齢が低い内は抵抗力が弱く病気にかかりやすい傾向にあります。このため健康を維持するためには定期的な健康チェックやワクチン接種が欠かせません。生まれたばかりの頃には母体から受け継いだ免疫力がありますが、概ね二ヶ月程度経つとその効果も薄らいでいってしまいます。適切な入荷及び販売時期を守っているペットショップであれば、少なくとも一回はワクチン接種を済ませているのが一般的です。適切な時期にワクチン接種をしているかとあわせて、次回の摂取時期についても確認しておきましょう。

ペット安心して迎えるためにも、気になることは遠慮せず店員さんに聞くようにしてください。ペットのことをきちんと考えているお店であれば、嫌がらずに誠意を持って対応してくれる筈です。

子犬販売なら神奈川のペットショップを探すことで、低価格帯のペットの魅力をすぐに理解することが可能です。